誹謗中傷・風評被害のことなら、弁護士が運営する誹謗中傷法的対策.comにお任せください!

風評被害対策

こんなことでお悩みではありませんか?
・ネット上の誹謗中傷が売上低下の原因であることに気づいた
・書き込みを削除してくれないので法的手段をとりたい
・損害賠償請求または刑事手続などを考えている

誹謗中傷の書き込みを放っておくと、さまざまな実害が出るおそれがあります
大きな被害が出る前に、誹謗中傷法的対策.comにご相談ください!
削除請求や損害賠償請求・刑事手続にも対応いたします!

まだ会社や商品、サービスに被害が出ていない場合はこちら

各種お問い合わせご相談はこちらから

【事例1】ネット上の誹謗中傷が売上低下の原因であることに気づいた

→お客様の状況を考慮しながら、ベストな対策方法をご提案いたします

売れ行き好調だった商品が急に売れなくなり、困惑している方はいらっしゃいませんか?その原因は、インターネット上に書き込まれた誹謗中傷にあるかもしれません。
インターネット上の風評被害は、本来であれば拡大する前に対策を打つべきです。
しかし、実際の被害が出るまで気づかない場合もあると思います。

もし売上低下の原因がインターネット上の誹謗中傷であることに気づいたら、早急に誹謗中傷法的対策.comまでご相談ください。詳しくお話をお伺いした上で、ベストな対策方法をご提案いたします。

ご相談・お問い合わせはこちら

【事例2】書き込みを削除してくれないので削除請求をしたい

→誹謗中傷法的対策.comなら、さまざまな手続を代行できます

サイト管理者に書き込みの削除を求めても、要望に応じてくれるとは限りません。
しかし書き込みを放置しておけば、風評被害は日に日に拡大していきます。こうした場合は、仮処分申請などの法的手段に頼る必要がある場合があります。

誹謗中傷法的対策.comは、インターネット上の紛争事件の実績が豊富な弁護士が運営するサイトです。仮処分申請をはじめとするさまざまな法的手続を弁護士が代理人として行い、インターネットによる風評被害が広がらないようサポートいたします。

ご相談・お問い合わせはこちら

【事例3】損害賠償請求または刑事手続をとりたいと考えている

→弁護士が担当いたします。事件性の高い案件もお任せください

書き込みがあまりにも悪質な場合は、投稿者もしくはサイト管理者を相手に訴訟を起こすという選択肢もあります。
しかし、売上低下などの被害状況と書き込みとの関連性を立証するのは簡単なことではありません。そのため、「賠償金をとりたい」「名誉の回復をして欲しい」など、どういう成果が欲しいのかというゴールを明確にしておくことが重要になります。

誹謗中傷法的対策.comは、この「ゴール設定」のところからご相談を承ることが可能です。損害賠償ならびに刑事手続等を検討されている方も、ぜひご相談ください。

ご相談・お問い合わせはこちら

▲ページのトップに戻る